• ボートのラッピングに関して

    レースで使用される場合は、塗装で模様を付けてバス釣り用の場合はボートラッピングします。

    海外では、ボートにオリジナルのラッピングをしているのをバス釣り大会等で見かけることが多いですが、国内では輸入する事がメジャーなため、予め船体のデザインが決まっていることの方が多いのではないでしょうか。しかし、最近では国内でもボートにラッピングすることがメジャーになってきており、ボートラッピングする業者の需要が急速に高まっています。


    ですが、コーナーが多く凹凸のあるバスボートをラッピングすることは難しい場合があるので業者に施工してもらう時は慎重に吟味する必要があるでしょう。
    また、長時間利用すると発生してしまうトラブルを軽くするためにも業者に依頼する場合は、技術力の高い業者を口コミ等できちんと把握することも大切です。

    自作する場合は、フィルムを貼り付ける行えるので貼り付ける面を綺麗にしてから道具を使いながら、シートを貼り付けて行きます。

    ボートのラッピングをご提案いたします。

    曲面の場合は、ドライヤー等で熱を与えながら貼り付けていくとしわになりにくくなります。



    傷がある時は、パテで補修しましょう。

    ですが、かなりの労力が必要になるので、なるべく作業に慣れてから挑戦することも賢い選択といえるでしょう。

    最初は業者に依頼して、ある程度慣れてきてから自作するという方も少なくありません。
    自分が満足する仕上がりにしたいなら、自作にしても業者に依頼するにしてもインターネット等できちんと調べてから作業するようにしましょう。