• ボートラッピングをする際のポイントは?

    車やバスなど様々な車輌でよく見かけるラッピングは、専用シートに印刷をして貼付ける方法のため、塗装とは違って簡単に剥がして原状回復することが可能です。
    印刷だからこそ表現できる鮮明な画像が美しいデザインを作り出せることも大きな魅力です。

    必要なくなれば簡単に剥がして傷も付けないために、レンタルの車輌などでも安心してデザインを施すことが出来るのです。

    近年は日本でもこのラッピング技術がボートにまで生かされるようになってきて注目を集めています。


    プロモーションに活用したり、何かしらのイベントの際に新しいデザインを施したり等さまざまな目的で行われています。

    ボートのラッピングに有効な情報の紹介です。

    しかしながら、車輌のそれとは違って、ボートは凹凸やコーナーが存在するために立体的な施工技術が求められます。
    その為にキレイなラッピングを施すためには高いスキルが必要になるのです。


    もともとラッピングは長期間使用しているとだんだん色褪せたり剥げて劣化したりする事はやむを得ません。

    水中で使用しているボートは余計に負荷がかかりやすく水の中で何かにぶつかったり傷つく可能性も多くなるのです。
    だからこそ、これらの状況下の中でも耐久性を持たすためには高い技術力が余計に必要になるのです。施工の際には全体を覆う方法や一部分をシールのように貼付けてデザインを入れる方法など様々です。



    目的や用途に合わせたデザインと施工方法をしっかりと相談して、施工前の下処理から丁寧に行う事が可能なスキルの高い業者を選ぶ事が大切になるのです。